【速報】ツーリング 情報局 | 最新情報 口コミ情報

ツーリング 情報局では、「ツーリング」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 ツーリングワゴン 」 一覧

no image

【唯一無二の高性能ワゴンに転機!?】スバル 新型レヴォーグの期待と不安

レガシィのボディが拡大され、ツーリングワゴンが廃止されるのを受けて、2014年に発売。今では海外でも販売するが、発売時点で扱ったのは日本のみだ。つまり、 …

no image

復活熱望するスバリストも多数! いまは無きスバルの「3列7人乗りモデル」3選

全長4740mm×全幅1775mm×全高1660mmと、ミドルサイズミニバンクラスの大きさですが、全高が1660mmと低めで、一見するとツーリングワゴンのような …

no image

【さまよえるスバルの旗艦車はどこへゆく?】レガシィは新型投入で復活するのか!?

10万km耐久走行やWRC参戦でファンの心をつかんだ初代レガシィ。セダンとツーリングワゴンを設定。特にツーリングワゴンは、パワフルかつユーティリティ性能も …

no image

BMW新型3シリーズのグレード構成を解説

… のガソリンエンジンに加え、ディーゼルとプラグインハイブリッドを用意。ただしプラグインハイブリッドはセダンだけの設定で、ツーリングワゴンでは選択できない。

no image

元祖SUV風モデル!? スバルの歴代クロスオーバーワゴン3選

1982年に2代目レオーネのラインナップに5ナンバーのワゴン「ツーリングワゴン」が追加され、「レガシィ」へと続くクロスオーバー4WDワゴンシリーズが誕生。

no image

スバル・レガシィ・ツーリングワゴンGT-B(BG5) カタチ/パワー、ワゴンの価値観を変えた

レガシィには4ドアセダンとツーリングワゴンという2種類のボディ形式が用意されていたが、人気を牽引したのはツーリングワゴンの方だった。スキーをはじめとする …

no image

【TMS2019現地詳報】次期型レヴォーグに搭載の新1.8Lターボはリーン燃焼。トルク重視で走りも燃費も爽快!

現行レヴォーグ(2014年〜)の名称に開発陣が込めた思いは、「レガシィ エボリューション ツーリング」。つまり、国内最適サイズのツーリングワゴンだった4代目 …

no image

新世代「ツーリングワゴン」、SUBARUが新型「レヴォーグ」プロトタイプを披露

次期レヴォーグは、スバルがレガシィで開拓した「ツーリングワゴン」(走り重視のステーションワゴン)の思想を色濃く継承している。新開発の1.8リットル水平対向直 …

no image

新型レヴォーグ公開直前! 1枚の画像から紐解く〜10のポイント〜|東京モーターショー2019

いっぽうで、こちらも連綿と続くグランドツーリングカーとしての、ツーリングワゴンの系譜。その最新モデルであるレヴォーグが、この秋、いよいよ耳目に触れることに …

no image

なぜ日本市場は後回し? スバルが新型「レガシィ」を北米優先で発売するのか

現行レガシィでは、「ツーリングワゴン」が廃止されて後継車種の「レヴォーグ」に切り替わりましたが、SUV風の「アウトバック」とセダンの「B4」は健在です。